いつか生まれてくるであろうわが子に自慢できる会社に

就労継続支援B型事業所 TODAY亀岡 施設長の有福進です。

私は、グループ会社の介護ジャパンから異動してきましたが、はじめに介護ジャパンに就職を決めた理由は、社是の『一生感動』という文字に魅かれ“人の幸せは、感動した回数と比例する”という代表の考えに、心から賛同できたからです。

 介護ジャパンに入社し、総合職として働き始め、私も未熟だったため色々な方にご迷惑をお掛けしましたが、みなさんはそんな私と真摯に向き合ってくださり『こんな良い会社があるのか!』と思うほどでした。この度、TODAY亀岡の新規開設で、AHCグループ株式会社へ異動しましたが、今でも心からそう思っています。

私は就労支援に関わるようになって、障がいを持った方々とたくさん接する機会ができました。そして多くの事を学び、苦労し、悔しい思いをし、それでも嬉しい事もたくさんありました。

これまで、利用してくださるご本人やご家族のみなさまから、たくさんの言葉をいただきました。

『TODAY亀岡に通ってから、とても穏やかになった』

『TODAY亀岡に行くことを楽しみにしている』

『他の施設では長続きしなかったけど、TODAY亀岡では続いている』

『TODAY亀岡があって、本当に助かっています』

これらはすべて、私達も誰かの役に立っていると心から思える瞬間であり、感謝の気持ちでいっぱいになります。

私たちの理念である『人を想う』という言葉には、色々な体現方法があると思いますが、目の前の関わる全ての人たちを幸せにできるよう、これからも仲間とともに全力で邁進して参ります。

私は、この大好きな会社をもっと大きい会社にしたいです。社会から求められ、社員も働いていて幸せ、いつか産まれるであろう自分の子どもが『うちの父ちゃんはAHCグループで働いているんだぜ』と自慢できるように。

『人を想う』事で色々な感動を味わえれば、自分の幸せに比例すると思います。

一度きりの人生なので、ずっと人を想いながら駆け抜けていきます。

この記事の本文に戻る