奉仕活動~桑名中央~

みなさま こんにちは!
今回は、三重県の桑名エリアでの取り組みについてご紹介します。

桑名エリアにある放課後等デイサービスアプリ「桑名野田」「桑名中央」「陽だまりの丘」の3事業所は、地域の活動への参加を行っています。

地元の活動への参加

参加している制度の名称は、『アダプトプログラム』です。
アダプトプログラム(ADOPT PROGRAM)とは、市などが管理する道路、公園などの公共空間を、場所を決めて、市民、事業者の皆様のボランティアで、清掃・美化活動をし、市はその活動の支援(清掃用具類の支給や貸与、ボランティア活動保険への加入、アダプトサインの設置など)を行う制度です。

子どもたちと活動することで気づかされたこと

施設ごとに登録を行い、普段、子どもたちが使用している公園や道路の清掃を月に1回必ず行っています。
はじめは、子どもたちと参加するにあたって「地域のみなさんと一緒に活動してくれるかな?」「掃除に興味は沸くのかな?」「ゴミ拾いはできるのかな?」など、不安な事も考えたりしていました。
でも、今ではまるで宝さがしのように楽しみながら、積極的に「ゴミ拾い」を行っている姿を見て、私たちはとても心を打たれています。
町内の方々にあいさつをしたり、「ありがとう」とお礼を言っていただいたり、コミュニケーションが図れることも、子ども達にとっては大切な体験になっています。
こうして地域の活動に参加してみると、改めて気づくことがたくさんありますが、「アダプトプログラム」では特にゴミの多さに驚かされました。“あきらかにそこにゴミが無くなる”という目に見える達成感を味わえることで、今では、毎月楽しく参加できています。

子どもたちと活動することで気づかされたこと

これからも地域とともに生きていくために

地域で生活をしていく子どもたちの未来が、少しでもキレイでより明るいものになるよう、これからも活動を続けていきたいと思っています。
また、『アダプトプログラム』への参加を通じ、私たちのことを知っていただく機会を増やしたいです。子どもたちは順番を守れないことも、立ち止まったまま動けないこともあります。
それでもまず私たちを知ってもらうことができれば、地域とのかかわりの輪や支援の輪を広げていくことができます。そうしながら手を取り合える人がたくさんいる世の中にしていきたいと考えています。

こんな記事もいかがでしょうか?


TOPへ