TODAY亀岡で展示即売会が開催されました

2017年6月16日(金)~17日(土)の2日間、開設して初めての展示即売会のイベントが開催されました。
TODAY亀岡は、私たちアプリ×Todayのグループであり、就労継続支援B型事業所です。当施設は、千葉市中央区亀岡町にあり、千葉県庁の近くです。

千葉県内のアプリ×Today に通う子どもたちは、普段はめったに交流する機会がない、働く施設の見学をすることができ、とても貴重な経験となりました。

子どもも大人も楽しめた展示即売会

イベントでは、地域の農家さんやパン屋さんから多大なるご協力を得て、とれたて野菜やおいしそうな人気パンが陳列されており、ほかにもTODAY亀岡で働くご利用者のみなさまが作ったオリジナルアクセサリーや雑貨などもあり、たくさんの商品が並んでいました。

イベントの宣伝は、地域の掲示板にちらしを貼らせていただいたり、口コミなどをして、当日は、来てくださるかドキドキしながらご来店をお待ちしていました。
そんな心配をよそに、朝の開始そうそうから、ご近所の方や職員の家族、学校の先生や相談支援専門員の方など、たくさんのお客様で終始にぎわっており、それぞれに買い物を楽しまれていました。

アプリ×Todayの子どもたちがぞくぞくと見学に来て買い物をし始めると大混雑になり、子どもたちの声で一気ににぎやかになりました。大人気のお菓子の詰め合わせは、すぐに売り切れ、中にはお母さんに頼まれたといって、お野菜を買っているやさしい子もいました。

TODAY亀岡で働くご利用者のみなさまも、はじめて商品を販売するにあたって、お客様に元気に明るく接することや、子どもたちにやさしく声をかけることなど、職員からアドバイスを受けて、一生懸命頑張っていました。

施設内では同時に、割り箸とおしぼりのセットを作る実演も行われていたため、就労施設に興味のある方や、アプリ×Todayの子どもたちも、実際の仕事の様子を見ることができ、これから施設で働いてみたい方もその場で体験ができていました。

特別なイベントをとおして向上していく

今回は、第一回目の開催であり、就労継続支援事業所での貴重な経験でもあるため、アプリ×Todayの放課後等デイサービスに通う子どもたちは、船橋夏見、本千葉、稲毛海岸、東船橋、八千代台、高根公団のすべての施設から見学に行くことができました。
さらなる相乗効果として、TODAY亀岡で働くご利用者のみなさまにとっても、緊張しつつも接客や品出しなどをてきぱき行う姿を見ていただいたり、普段行っている作業の一部ではありましたが、割りばしセット作りの実演にも気合が入っていたりで、労働意欲の向上にもつながったと思います。

今後も、就労継続支援事業所として働く場のご提供だけでなく、アプリ×Todayの子どもたちにとって必要な経験の場であったり、また地域との深いかかわりが保てるよう、定期的なイベントを企画したいと思っております。

私たち職員は、児童発達支援、放課後等デイサービス、就労継続支援の枠を超えて、これからも一丸となって、支援を必要とされるみなさまのお役に立てますよう努力して参ります。


TOPへ