職員オンライン研修~神奈川~

みなさま こんにちは!
最近はコロナウィルス感染症対策のためリモートワークやオンライン授業を行う機会も増えてきましたね。私たちもオンラインを活用して教育研修や会議を行っています♪

今回は神奈川県にある放課後等デイサービス事業所「アプリ鴨居ルーム」「アプリ鴨居プラス」合同で従業員が受講した外部オンライン研修をご紹介します。

講座は神奈川市主催となっており、講義の概要は、「標的行動の定義」「代表的な記録方法」「対応に困った行動についてどのような記録をとればよいか、行動の前後を整理して理由を予測する」などでした。

オンライン講義では、講師の方から「対応に困った事例について、どのような記録をとったらよいでしょうか?」と質問を投げかけられ、受講者は自分が考えた事を伝え、その後、講師からのフィードバックを頂く、というような講師との会話を繰り返しながら行われました。受講者の考えた事について直接フィードバックを頂けることがとても勉強になり、講師の先生が進めてくださる内容は大変わかりやすく理解できました。

支援方法についてまだまだ勉強していく必要のある分野も多いですが、これからも社内研修や会議等をオンラインも活用しながら積極的に行って、利用者である子ども達の成長に生かせるようにしたいと考えています。

こんな記事もいかがでしょうか?



TOPへ